目の下にあるたるみにアタック|若々しい印象の目元に変身!

女の人

切るか切らないか

レディー

切る方法

顔の悩みの治療の中でで対策が最も難しいと言われている「たるみ」ですが、どのたるみのタイプに対しても、1番効果的と言われているのが切る方法です。切る方法というのは顔にメスを入れる手術ということになり抵抗がある人も多いですが、効果は1番です。10年前のフェイスラインに戻るとも言われています。瞼のたるみならば瞼の皮膚を切り取って取り除きます。フェイスラインならばコメカミの方から持ち上げることによって皮膚を釣り上げます。簡単な手術のように聞こえますが、術後の出血や顔面麻痺、目の周りの手術の場合だとドライアイといった予期せぬ症状が出ることもあるので注意が必要となります。医師の指示を守って術後を過ごしていれば、そういった副作用が現れることもないでしょう。

切らない方法

最近の切らないたるみ治療は日々進化していて様々な機械が登場してきています。まずは、レーザー治療で改善する方法があります。たるみが軽度の場合はフォトフェイシャルでシワやニキビといった肌を整えることがたるみを予防していく方法、タイタン、サーマクール、ウルセラリフトといった肌の引き締めをすることにより、たるみの改善も期待していく方法、顔に針を使って細い糸を入れることにより皮下組織を刺激することでたるみを改善していきます。髪の毛よりも細く体内に吸収されていく糸を使用します。針を入れることによる刺激、吸収糸を入れることによりコラーゲーンやエラスチンの生成が促されるため、たるみの改善につながっていきます。